ポルシェ 718 ケイマン。 次期新型ポルシェ「718ケイマン RS GT4」は巨大スワンネックウィングを装備してデビューか!

ポルシェ718ケイマンを2年所有、3万5千キロ走ったナマの声!ボクはケイマンをこう評価している

718 ケイマン ポルシェ 718 ケイマン ポルシェ

一方、真の実力を知る前の段階で感心させられたのは、アイドリング付近でちょっと重めのクラッチをミートした時点から体感できる、微低速域でのトルクの太さ。 ちょっと油断すると、やらかす。 【価格】 相応な値段だと思われます、 【総評】 まさに人馬一体、楽しい。

確かに、4気筒化によってスペック上のCO2排出量低減=燃費向上がかなったのは事実。 軽量化の一環として、ドア内側の開閉ノブは簡素なストラップ式になっている。

Porsche 718 Cayman GT4

718 ケイマン ポルシェ 718 ケイマン ポルシェ

トランスミッションは、両モデルに6速マニュアルと燃料を節約するバーチャルギアを備えたポルシェ・ドッペルクップルング(PDK)を用意。 現行モデルのポルシェ 718 GT4 の新車車両価格は約1,260万となっています。 大型のクーリングエアインテークとバイキセノンヘッドライトが、「718ケイマン」のフロントエンドを作り上げている。

6
エントリーの911と、トップグレードとなるケイマンの差。

ミドルサイズ・ミッドシップの頂点対決! アルピーヌ A110 vs ポルシェ 718 ケイマン【Playback GENROQ 2018】

718 ケイマン ポルシェ 718 ケイマン ポルシェ

これはひとえにリヤのダウンフォース向上のおかげだろう。 「コストも考えての新規開発」だとポルシェAGの水平対向エンジン開発チームのリーダー、マークス・バウマン氏は答えてくれた。 ノックヒルはレイアウトこそ単純ながらアップダウンが激しく、その意味ではある程度リヤが伸び上がった時などのダウンフォースの抜けを心配したりもしたのだが、先導するインストラクターの911GT3RSを半ば本気で追い回している最中も、不安になる場面は一切無かった。

今回、その逆が行われたわけで、それがポルシェのようなファンカーにとって、果たしていかがなものなのか、というのが興味の的だろう。

Porsche 718 ケイマン S

718 ケイマン ポルシェ 718 ケイマン ポルシェ

LSDは機械式だ。 動力性能はケイマンSと同一。 5L 水平対向4気筒ターボエンジン搭載の「718ケイマンS」、「718ケイマン GTS」、4L 水平対向6気筒エンジン搭載の「718ケイマンGT4」を設定。

2
だが、個人的に決定的に感じたのは、リアサスペンションの違い。

ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 ポルシェのうま味が詰まってる

718 ケイマン ポルシェ 718 ケイマン ポルシェ

価格差や性能差だけにとらわれず、コンセプトやフィーリング面でもきっちりと仕上げてくるのはポルシェだから成せる技だろう。 これは60年代のA110とナロー911に試乗してもまったく同じように伝わってくるアルピーヌとポルシェ、フランスとドイツのスポーツカー造りの違いなのである。

7
これまでの水平対向6気筒エンジンからエンジンに変更される。 【エクステリア】 911よりもシャープな感じがして良いが、横から見るとややずんぐりしている 【インテリア】 古さを感じるが、仕方ないか 【エンジン性能】 気持ちいい加速をしてくれる 【走行性能】 特にワインディングは最高 スピードを出さなくても十分に楽しい 【乗り心地】 路面の情報を拾いすぎる 長距離運転すると次の日体が硬くなる しかし、癖になる気持ちよさがあり、永遠に運転していたくなる 【燃費】 信号のあまりない田舎道で、丁寧に走れば11. 走っていて思い出したのは、筆者が以前に2台乗り継いだタイプ996のGT3のことである。

Porsche 718 Cayman GT4

718 ケイマン ポルシェ 718 ケイマン ポルシェ

このオプションを選ぶとダッシュボードにアナログとデジタルの両方が表示されるストップウォッチが装着されます。 ケイマンに特別仕様車ケイマンS スポーツが追加。

「718ケイマンT」は左右ハンドル、その他は右ハンドルのみの設定。

次期新型ポルシェ「718ケイマン RS GT4」は巨大スワンネックウィングを装備してデビューか!

718 ケイマン ポルシェ 718 ケイマン ポルシェ

試乗車は「718ケイマンGT4」の標準アイテムとなるスポーツシートプラス(2Way電動調整式)を装備。 筆者が言いたいのは、やはり911はポルシェの代名詞的存在となるだけあり、いつの時代でも、どのシーンでも絶対に期待を裏切らないという、もはやポルシェの意地と宿命すら感じるということ。 外観の差異は専用デザインの固定式リヤスポイラーと、ボディカラーがペリドットメタリックであることのみ。

6
動き出した瞬間に「軽い!」と実感させるアルピーヌ A110。 やはりターボラグがあるのは否定できず、そしてターボラグを最小限にするためか「アクセルオフでエンジン回転数がほとんど落ちず(エンジン回転数を維持し、すぐにタービンを回せるようにするため)」、これは今までのポルシェと大きく異る部分です。

Porsche 718 Cayman GT4

718 ケイマン ポルシェ 718 ケイマン ポルシェ

リミテッド・スリップ・リアディファレンシャルが標準装備された。 「718ケイマン」の最高出力は220kW(300馬力)、「718ケイマンS」の最高出力は257kW(350馬力)、「718ケイマン GTS」の最高出力は269kW(365馬力)、「718ケイマンGT4」の最高出力は309kW(420馬力)を発揮。 しかしながらタイトな切り返しが連続するセクションでは徐々に距離が詰まってくる。

わずかなアクセル操作に対する応答も俊敏で、やはりターボ化された4気筒ユニットよりも上。 ギアシフトレバーやパーキングブレーキレバー、ステアリングのリムがアルカンターラ仕上げとなるなど、911 GT3を彷彿とさせるスポーティな特別仕様車に仕上げられた。