永遠 の 桃花 56 話。 永遠の桃花 あらすじ51話

第56話 擎蒼との対決

56 話 の 桃花 永遠 56 話 の 桃花 永遠

しかし、擎蒼は己の命と東皇鐘を一体にしていたため擎蒼が死ねば 東皇鐘は紅連業火を放つようにしていたのでした。 そこへ夜華たちがやってくる。 さて、次回がいよいよ最終回となりました。

19
それを話しばったりと倒れた 擎蒼 けいそう、直後東皇鐘が7万年前と同じ姿に。

中国ドラマ『永遠の桃花

56 話 の 桃花 永遠 56 話 の 桃花 永遠

瀕死の状態で夜華は「墨淵が目覚めた、彼に嫁ぐといい。 「もう出たの?」 「恐らく間もなくかと…」 「迷谷、四哥を若水に呼んで」 夜華はようやく白浅と再会できたが、白浅は一瞥もせず飛び出して行った。

2
「三生石の名前を削らなかったら私を愛してくたか、それを聞くまで離れない」と鳳九は帝君にくっついてその後を追う。 ようやく神器から解放され夜華に抱きつく白浅、しかし安堵したのもつかの間、突然、東皇鐘が大きく口を開く。

永遠の桃花 あらすじ51話

56 話 の 桃花 永遠 56 話 の 桃花 永遠

それは、もし、三生石の己の名を削っていなかったら、鳳九を愛していたというものだった。

「どう考えても道理に合わないだろう?」 「つまり、皆さんんは夜華を連れて行くと?」 「いかにも、夜華の両親が玄晶氷棺 ゲンショウヒョウカン を用意した 夜華の亡骸を天族の聖地・無妄海 ブボウカイ に葬るためだ」 「…夜華は渡せません、青丘に連れて帰ると約束しましたから」 驚いた楽胥は思わず白浅に迫った。

永遠の桃花

56 話 の 桃花 永遠 56 話 の 桃花 永遠

最初から最後まで思ってたけど、人間たちのくらしっちゅうのはそんなに仙人様にとっちゃやべえものなんだな。 「姑姑!若水河畔でゆゆしきことが!」 驚いた白浅は狐狸洞を出ると、司命星君がちょうど夜華に擎蒼が封印を破りそうだと説明していた。

13
素錦は修行なのね! 迷谷が、白浅に、夜華が外で7日間も待ち続けていると伝えても、白浅は会わなかった。

第56話 擎蒼との対決

56 話 の 桃花 永遠 56 話 の 桃花 永遠

棺を用意し逝かせようという墨淵に、私はいつまででも待てるし師匠も帰ってきてのだから絶対に帰ってくると涙を流す。 三生三世十里桃花 Eternal Love 第56話「擎蒼との対決」 翼 ヨク 君・離鏡 リケイ は擎蒼 ケイソウ の元神をおびき出し、自分たち父子で全てを終わらせることにした。

翼界では、逆臣が離鏡を退位させ、先王を立てようとしていた。

永遠の桃花 あらすじ51話

56 話 の 桃花 永遠 56 話 の 桃花 永遠

跡形もなく消えれば私もあなたに会えるかもしれない、でも消えてしまえばあなたのことを忘れてしまうと語りかけるが、彼は何も答えず消えた。 きれいなものしか見たくない! 前回のあらすじは、素素であった時の記憶を取り戻した白浅、素錦に取られた目を取り返し折顔に戻してもらえるよう託す、夜華は人間界での罰を終えて墨淵に自身の出自を聞く、悪事がばれたにも関わらず天君や首領たちは絶対に自分の味方だと信じている素錦は正殿で目を取り返して貰うよう直訴するが…あたりからの続きです。 鳳九の呼びかけにも答えなかった白浅が、駆けつけた墨淵に答える。

19
白浅は、白真と人間界を放浪しているみたいですけど、これからどうするのかしら?最後まで目が離せませんね。